前へ
次へ

生活の変化に対応しやすい賃貸の不動産物件

マイホームを買う時には、生活の変化も想定しておく必要があります。家族の人数が減る可能性もあれば、その逆もあります。そうかと思えば収入が変化する可能性もありますが、それを予想して住宅ローンなどの返済計画も立てる必要があります。そもそも収入は、必ずしも同じ数字のままであるとは限りません。例えば現時点での年収は400万円台だとします。しかし400万円という年収は、決して固定される訳ではありません。300万円台などに下がってしまう可能性もありますし、もちろんその逆もあり得ます。ですから「年収400万円のまま変わらない」という前提で住宅ローンを組みますと、後悔してしまう事があります。例えば400万円という前提で返済計画を立てた上で、住宅ローンを組んで10年が経過しました。ところが勤務先の都合により、350万円になってしまったとします。年収が減ってしまう訳ですから、計画の狂いが生じてしまいます。それでローンをスムーズに返済できずに失敗してしまうケースがありますから、注意が必要です。ですからローンを組む時には、300万円に下がる事態も想定しておくべきです。 ところで不動産の物件は、何もマイホームだけではありません。賃貸という選択肢もあります。幸いにも賃貸の場合は、比較的スムーズに引っ越しする事ができます。例えば現在の賃料が6万円だとします。ところが収入が下がってしまったので、6万円という賃料で生計を立てるのは厳しくなってしまいました。その場合、5万円台などの物件に引っ越しをすれば、お金の問題が解決するケースも多々あります。マイホームの場合は、それは少々困難です。一旦は家を買ってしまった以上、売却しなければなりません。家は簡単には売却できませんから、難しい状況になってしまう事があります。また賃貸の不動産物件なら、家族の人数変化にも柔軟に対応する事ができます。もしも家族の人数が増えた時などは、広い間取りの物件に引っ越しして対処できます。その点マイホームの場合は、リフォームしなければならない事もあります。生活スタイルの変化に柔軟に対応しやすいのは、賃貸のメリットの1つです。

東京にあるおしゃれな家具付き賃貸・サービスアパートメント・マンスリーマンションをお探しの方はこちら

インテリアに合わせた床材選び

解放的な空間を創造します。

大阪の一級建築士事務所【コアー建築工房】

住宅購入のための資金の相談ができる会社
将来の暮らし方や住宅をどうするかなどを踏まえたうえで、最も最適な住宅購入プランを提案します。

Page Top