前へ
次へ

不動産の賃貸住宅の初期費用に注目しよう

不動産屋で賃貸住宅を借りる場合は、初期費用に注目する事が必要です。
初期費用は入居する時に支払う必要がありますが敷金や礼金さらに共益費などさまざまな費用が必要になります。
費用に関しては物件や不動産屋によって違うので、同じ家賃でも物件によって大きく初期費用が変わってくる可能性があります。
特に注目しなければいけないのが敷金と礼金であり、この2つが初期費用の大半を占めています。
敷金や礼金は家賃をベースに計算されています。
もし、敷金が一か月分と記載されている場合は、家賃の一か月分の事なので家賃が安い程初期費用も安くなります。
しかし、いくら家賃が安くても敷金三か月分だと敷金の額が高額になるので敷金や礼金が家賃の何カ月分なのかが1つ重要になります。
また、物件によっては敷金がない場合や敷金と礼金両方ともない場合もあります。
この場合だと、初期費用がかなり安くなるので現金を多く所持していない人は、出来るだけ初期費用が安い賃貸物件を選択します。

Page Top