前へ
次へ

賃貸の建て替えについての不動産知識

賃貸マンションでも建て替えが必要になる可能性も視野に、投資家は不動産取得しなければなりません。
不動産関連の幅広い知識と経験をもつ専門家の協力は必須です。
コンサルタントとしての協力者に加え、販売力のある専門家も必要かもしれません。
というのも、賃貸ですから同意が得られずに空き室が出る可能性もあるはず、デベロッパーの協力も必要です。
建て替え計画となれば、より多くの居住者の希望に合うものでなければなりません。
間取りや広さなど、具体的な要望を集めましょう。
一般人には建て替え内容に関与することはないでしょうが、管理組合、理事などは多少なり関与します。
管理組合は現在のマンションの共用部分を維持管理する組織、ですから建て替えとなれば役目は終わります。
新たに組合設立となるようです。
定款や事業計画を定めた上で都道府県知事に組合設立の申請をし、許可を得ます。
取り壊し前には積み立てられた管理費、修繕費の清算を行いますが、引き継ぐことも可能なのだそうです。

Page Top