前へ
次へ

不動産を賃貸で貸し出すときの税金は

保有する不動産を賃貸で貸し出して家賃収入を得たいと思う人は多いです。
ただ気になることとして、税金はどういう扱いになるかです。
税金は普通に所得税として、他の所得と合わせて総合課税になります。
ここで知っておきたいこととして、不動産が建物でしたら、建物の取得費用を経費として計上できます。
家賃収入から建物の経費を引いた金額に課税されますから、経費を引いたら赤字になる場合は、他の所得をも減らすことができて節税できます。
経費の計上の仕方ですが、減価償却費として毎年一定金額か取得費用の数%を費用として家賃収入から引きます。
ローンを物件を取得した人は定率償却で、最初の年を赤字にして、税金を払わないようにして、ローンの返済をやりやすくしています。
ただ土地の場合は減価償却費を計上することはできません。
土地は建物と違って時間が経つごとに価値が下がるものではないので、価値が下がる分を損失としてできないので、土地を賃貸しての地代収入は、固定資産税などの税金や土地取得費用だけを経費として、計上になります。

Page Top