前へ
次へ

不動産の賃貸住居の入居審査に落ちた場合の対処

賃貸住宅を借りる時には、不動産屋で探す人が多いですがもし入居審査に落ちてしまった場合はどうすれば良いのか悩む人も多いです。
そこで、なぜ不動産屋の入居審査に落ちてしまったのかを考える必要があります。
主に審査に落ちる原因としては、収入が少ないパターンです。
自分が借りようとした住宅の一か月の家賃の3倍未満の月収の場合だと審査に落ちる事があります。
例えば家賃が5万円であれば月収が15万円以上あるかが重要なので15万未満だと審査に落ちる可能性が高いです。
また、勤務年数が短い場合や保証人に何かしらの問題がある時も審査に落ちる原因になります。
そこで、もし原因を見つける事が出来ればその原因をまずは改善していく必要があります。
月収が少ない場合だと、次は家賃が安い物件の審査に挑むなどしていくと審査に通る可能性が高いです。
もし、何も改善しないまま同じように賃貸住宅の入居審査を受けるとまた審査に落ちてしまう可能性があります。
そうなるとかなり悩む事になるので原因を特定する事は大事です。

Page Top